【GIANT TCR ADVANCED SL DISC 】納車1ヶ月インプレッション

先日、待ちに待ったTCR ADVANCED SL DISC が職場に届き、(自分で組んで)納車し、1ヶ月ちょっと乗り込んだので、インプレッションさせていただきます。


なお、機材のインプレッション記事を投稿するのは僕自身初なので、インプレボリュームの少なさと内容については温かい目で見ていただけると幸いです。

目次

GIANT TCR ADVANCED SL DISCについ

めちゃくちゃざっくりと、TCR ADVANCED SL DISCがどんなバイクなのか紹介します。


TCR(Total Compact Road)は世界最大の自転車ブランドGIANTが誇るオールラウンドのロードバイクです。


1997年に初代TCRが登場してから20年以上が経ちますが、現在もモデルチェンジを繰り返しながら進化し続けています。


TCRにはの中でも細分化されたグレードがありますが、ADVANCED SLシリーズはその頂点に君臨するグレードで、GIANTのフラッグシップを担っています


つまり、「世界最大の自転車ブランドGIANTのいちばんいいロードバイク」ってことです。


現在ではUCIワールドチーム「 チーム・バイクエクスチェンジ・ジェイコ」にもTCR ADVACED SL DISCが採用されており、実績も上げています。
2022年ジロ・デ・イタリア第14ステージでサイモン・イェーツ選手がこのTCR ADVANCED SL DISCに乗って優勝したことは記憶に新しいですね。

TCRについてもっと詳しく知りたい人はぜひ公式サイトをチェックしてください!

TCRを選んだ理由

僕がTCRを選んだ主な理由は納期が早かったということと勤め先の福利厚生で特に安く買えるからということ。


あまりパッとしない理由ですが、先進メーカーの現行のレーシングバイクであればなんでも良かったので満足しています。

こちらの記事で僕がTCR ADVANCED SL DISCを選んだ理由をより詳しく紹介していますのでぜひみてみてください!

あわせて読みたい
GIANT TCR ADVANCED SL DISCをフレーム注文しました。 以前に2022年発売の新型スクルトゥーラを注文した!という記事を投稿しました。 https://yudainoto.com/sculturav/ 発売されることが決まった時点でかなり早く注文して...

TCRのインプレッション

実際に納車してから2ヶ月弱がたった今、TCR ADVANCED SL DISC に乗って感じた印象をまとめておきたいとおもいます。


インプレッションの比較基準となるバイクは僕が今年4月まで乗っていた2014年製のCOLNAGO CLX3.0です。


当然、2014年製のミドルグレードのバイクと現行のハイエンドレーシングバイクを比較すればその差は歴然になることはもう目に見えています。(実際にとんでもなくちがいました。)


先代TCRとかと比較インプレできたらそら最高なのでしょうが、ないもの言っても仕方ないので僕ができる比較をやるしかありません。
これはこれで割り切って、現代のロードバイクの技術における「8年間の差」をお伝えできればと思います。


もちろん個人の見解にはなりますが、一部僕のような乗り換え方をされる方もいるかもしれませんので、そんな方の参考になればを思い、綴らせていただきます。


✔️TCRに乗り出して1ヶ月の感想が以下の感じです。

平地の巡航性能TCR >> CLX
反応の良さTCR >> CLX
脚あたりのよさTCR >= CLX
コーナリングの安定性TCR > CLX
登りやすさTCR > CLX
スプリントTCR > CLX
ダンシングのしやすさCLX >= TCR
振動吸収CLX >= TCR
持ったときの軽さTCR >= CLX
見た目のかっこよさTCR = CLX
>= → やや優秀

「速く走ること」につながる分野は全てTCRに軍配が上がります。


特に違いを感じたのは時速40km以上の平地巡行。
風洞実験を経てきただけあって、そのエアロ性能は2014年製のバイクとは比較にならないほどの性能差があります。
プラシーボもあるでしょうけど、体感的にはCLX時代と比べて3分の2くらいの力で時速40km台を維持できる感じです。


反応性も素晴らしく、時速40kmまでの加速もTCRのほうが圧倒的に優れています。


意外だった点はTCRとCLXで振動吸収性や踏み込んだ時の硬さに大差を感じなかったこと
CLXはエンデュランスロードですから、乗り心地の良さやライド後の疲労が残らない感じについては若干軍配が上がります。


ですが、TCRもレーシングバイクながら乗り心地の良さや、ライド後半にも足が残る優しさがあります。
カッチカチの硬いバイクという感じではなく、速く走るために十分な硬さがあって、それ以上は硬くないという感じ。
実際、100km超のライドを行なっても、疲労感についてはCLXとそこまで変わりありませんでした。


最初の1台にTCR ADVANCED SL DISCを! とまではいわないまでも、少しの経験者であれば乗りこなせてしまうのではないかと思うほどにいい意味でまったりしたバイクです。

まとめ:TCRは最高です

結論としては、TCRは本当にいいバイクだと感じていて、マジで買ってよかったと思っています。


僕自身、TCRを買うきっかけこそ「コスパと納期」というなんというか、心踊ってる感のない理由でしたが、実際TCRに乗ってみて、その良さを実感して改めて「最高のバイクだな」と感じています。


もちろん、比較的手に入りやすく値段も他社と比べると安いので、その点もいいのですが、今ではそういうの無しにして、フラットにTCRを人にオススメできます。


新車を検討中の方はぜひTCR ADVANCED SL DISCを視野に入れてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪府出身。1995年生まれの27歳。
大学生の時に初めてロードバイクを購入しハマる。
社会人1年目から本格的にロードレースに挑戦。
愛車はGIANT TCR ADVANCED SL DISCとあさひのママチャリ。

コメント

コメントする

目次